こんにちは。奈良県議会議員団[奈良県議団]です。

[2010.8.6] -[政策活動日誌]

在宅高齢者への熱中症をふせぐ緊急対策を

 日本共産党奈良県会議員団は6日、連日の猛暑の中で在宅高齢者が熱中症で命を脅かされる緊急で重大な実態にあるとして、奈良県の関係各課が協力して、住民、特に危険度の高いといわれる高齢者独居世帯、老々世帯などの生活実態を把握し、見守り、緊急搬送、緊急の予防対策をおこなうなど支援することなど、熱中症予防対策を求めて、奈良県知事にもうしいれました。

 申し入れの全文は以下のとおり。申し入れは山村さちほ県議、中野あけみ県議がおこないました。

 

 

                                  2010年 8月 6日
奈良県知事  荒井正吾殿 
                       日本共産党奈良県会議員団
                                  山村 幸穂
                                  今井 光子
                                  中野 明美
                                  田中美智子
                                  宮本 次郎
     

在宅高齢者等への熱中症の緊急対策を求める要望書
 
 連日、最高気温が30度を超え、猛暑が続いています。熱中症での救急車出動も多発しており、孤立死の原因のなかにも少なくない数が含まれていると言われています。
 熱中症の発生には、高気温、気温30度以上の継続時間、湿度、風速、日照時間などの気象因子が影響しています。また地球規模での温暖化が進む中、都市化によるヒートアイランド現象は、長時間の高温環境をさらに拡大させており、都市での熱中症対策は緊急の課題です。環境省も熱中症予防情報サイトを充実させ警報活動や注意喚起を強化し、地球温暖化影響適応研究会は各分野の影響と対策を提起し健康分野では熱中症対策が重点となっています。65歳以上では1日の最高気温が35℃以上になると患者発生・死亡例が室内も含め急増することが報告されています。(国立環境研究所)
 全国の民主医療機関連合会(民医連)や、おとなりの大阪民医連では、熱中症予防や安否確認も兼ね、訪問調査(約500件)を行い、熱中症による死亡者を出さないための支援と実態調査の取り組みを行い、緊急医療対応なども行っています。在宅高齢者は過酷な状況にあり熱中症でいのちをおびやかされる重大緊急な実態にあると報告されています。
 また、今年の夏は偏西風の気候状況から熱波のおこる可能性もあり、すでにロシアでは高齢者を中心に2000人の死亡者が出たと報道され、2003年のヨーロッパでの熱波では約5万人の死亡者数が報告されています。
 奈良県としても住民の命を守る立場から最善を尽くされることを下記に要望致します。
 

① 連日猛暑が続く実態を住民のいのちにかかわる緊急事態と認識し重要課題と位置付けてください。特に今年の夏の気候状況から熱波の起こる可能性も鑑み危機管理体制を取って下さい。

② 熱中症予防の広報や注意喚起・警報活動を強めてください。行政関連部局はもとより、関係団体等の協力も訴え、県民的な運動を緊急推進して下さい。

③ 住民の実態を把握し適切な緊急対策を実行してください。
高齢者独居・老々世帯の困難層とりわけ認知症のある高齢者の世帯、野宿生活者への援助を強めてください。
 保健所・地域包括支援センター・生活保護課など関係団体・住民団体とともに厳重警戒予報日に「危険度の高い独居高齢者」等の安否を確認し支援する、見守る、緊急避難など、緊急の予防策の充実に努めて下さい。

④ 苛酷な高温環境からいのちが守れるよう低所得者に対しクーラーの導入費用や電気料金に対する補助を行ってください。県営住宅にはクーラーを設置して下さい。

⑤ 生活保護世帯に対する「夏季加算」を設けるよう、国に働きかけを強めて下さい。それまでにも「夏季一時金」を復活させて下さい。

⑥ 温暖化とヒートアイランドに対する抜本的対策を講じて下さい。国に対して抜本的対策を求めるとともに、自然エネルギーによる電力の固定価格買い取り制度を導入して下さい。
以上