日本共産党 奈良県会議員団
このページは旧ホームページです。 最新の情報は新しい日本共産党奈良県議会議員団ホームページをご覧ください。
一般質問・今井光子
2008/03/07

看護師確保対策をきめ細かく強力に

平成18年度の厚生労働省の調査では、看護師・准看護師の合計数は全国40位で、全国平均にするには1544名の増員が必要とされている。奈良県の看護師不足は深刻であり、必要な調査とその原因分析、対策の検討が求められる。また、看護師の奨学金制度は、平成16年から公立学校進学者は対象とされなくなった。貸付対象を広げるべきではないかとただした。

 知事は必要な調査と分析をを行うとともに、看護師確保対策を重要なテーマとして議論を深めたいとした。奨学金については、公立学校への就学については対象を外したが、現実に奨学金が看護師の定着に役立っているかどうかの検証が必要として、調査の際には検討するとした。