日本共産党奈良県議団
このページは旧ホームページです。 最新の情報は新しい日本共産党奈良県議会議員団ホームページをご覧ください。
一般質問2003年3月定例議会一般質問-1/7P
1.イラク戦争。「国際文化観光・平和県」を標榜する奈良県知事として戦争反対の立場を表明すべきです
2.赤字企業や無配当企業からの政治献金は求めない・・知事の考えをただす
3.新年度予算。県民の暮らしが大変ないまこそ、県予算は暮らしの安定、安心できる福祉を確立するために、全力を挙げるべきです。公共事業は大型土木建築型から福祉型に切り替えるよう求めます
4.市町村合併。押し付けによる合併には反対です。住民が正しい選択判断のできる公正で適確な情報、資料を十分に提供することは行政の最小限の責任です
5.介護保険。県が支援をして市町村の保険料利用料軽減を
6.福祉医療制度。就学前までの乳幼児医療費助成、在宅酸素療法助成障害3級まで、母子家庭助成は「ひとり親家庭」への助成に拡充を
7.必要な診療まで抑制し、国民の健康悪化を引き起こす医療費3割負担は凍結するよう国に働きかけるべきです
8.ヤマトハイミールの中小企業高度化資金について
9.住民の足、奈良交通・高田法隆寺線は半年間に限らず存続を(要望)
〈再質問〉 乳幼児医療助成、介護保険保険料、30人学級などニコニコ署名11000人。早急に着手を。県福祉医療は12年間で10億円も削減していて、県財政を圧迫しているかのような説明は納得できません
今井光子県議
2003年3月3日
今井光子議員質問 私は、日本共産党を代表して一般質問をいたします。年に1度30分しか保障されない質問時間です。日本共産党に寄せられている多くの要望のなかから、差し迫った課題を中心に質問いたしますので、知事並びに関係部長の積極的な答弁を期待します。

1.イラク戦争。「国際文化観光・平和県」を標榜する奈良県知事として戦争反対の立場を表明すべきです

今井光子議員質問 奈良県が生んだ作家、「住井すえ100歳の人間宣言」という映画が生誕地、田原本町で上映されました。「人間の母親は、人間以上の子どもも産まない、人間以下の子どもも産まない。人間の命は平等」「自然のなすことは恐ろしい、しかし人間がなすことは悪いこと。戦争は人間がなすこと。それは人間の力でやめさせることができる」。
住井すえさんのメッセージは会場を埋め尽くした多くの人々に深い感動を与えてくれました。
2月14日から16日にかけてイラク攻撃ノーの1000万人のデモが78カ国600を超える都市でおこなわれ、史上空前の戦争反対の波が地球を包囲しました。アメリカ・ブッシュ政権によるイラクの空爆がどうなるか、世界中が注目し、国内の世論調査でも8割が反対です。ところが16日、公明党の冬柴幹事長は「戦争反対は利敵行為」とテレビ番組で公言。17日に「小泉総理は誤ったメッセージを送らないように」と発言。イギリスのストロー外相ですら「世論を考慮しなければ」と反省したことに比べても極めて異常です。
「国際文化観光・平和県」を標榜する奈良県知事として戦争反対の立場を表明すべきと考えますがいかがでしょうか。

柿本善也知事答弁 平和で安全な社会を実現するということは、地球上のすべての人々の共通の願いであると思います。私もまた、さまざまな問題が平和的に解決することを切に願っている一人でございます。イラクの大量破壊兵器をめぐる問題は、煎じ詰めるとイラクが国連の安全保障理事会の決議を順守するかどうかという問題であろうかと思います。平和的に解決をされるよう、国連を中心に各国が協調して、あらゆる外交努力をつくされるよう期待しているものです。
地方政治の立場からいたしますと、国際文化観光・平和県として本県が有する歴史的遺産などの特性を活用しながら、様々な分野で国際協力事業を実施し、また今後とも世界の人々と交流協力を積極的にすすめ、相互理解を深める、こういう形でお互いの気持ちの通いあいを深めて、世界平和の実現に寄与してまいりたいと考えています。

ホームへ 一般質問目次へ この文書目次へ 次ページへ

© 2002-2006日本共産党奈良県会議員団 奈良県奈良市登大路町30 TEL0742-27-5291 FAX0742-27-1492