日本共産党奈良県議団
このページは旧ホームページです。 最新の情報は新しい日本共産党奈良県議会議員団ホームページをご覧ください。
予算決算

予算決算2002年予算審査特別委員会(教育委員会・警察本部)

1.教職員減100人をやめて、30人学級の実現を
2.わかりやすい授業、楽しい学校づくりには子どもたちといっしょに
3.各学校図書室の役割、司書配置の役割を認識して、専任職員の配置を国に要望し、すべての学校配置を
4.陸上競技場の使用料をもっと利用しやすいものに
5.おおやまと古墳群を縦断する天理循環道路建設計画で、研究者の要望がだされています。県は保存をどのように対応しているのか
6.県警不祥事の監督責任を問われた元警視が、公安委員が役員をする民間金融機関に再就職。説明を
7.県公安委員会のホームページ。議事録の記載がありません。充実をすべきです
8.新採用の警察官の配置は県民が望む第1線に
今井光子県議
2002年3月19日

1.教職員減100人をやめて、30人学級の実現を

今井光子議員質問全国でも半分くらいの県で30人学級、いわゆる小人数学級の取組みがすすんでいると聞いています。決算委員会で教育長は第7次の定数改善計画を前提にして小人数授業をすすめるといわれておりました。
 私、地元の学校にいって、小人数学習がどのようにされているかということを伺いに行きましたが、小学校の2年生の算数だけ小人数学習がされていました。子どもさんや親にも結構好評だということでした。これをするために2年生の全部の授業を全クラス算数にしないとできない、それで時間割が大変で、この学校の場合は算数の部屋があり、算数の時間になるとみんな大きな部屋にいって算数の授業をうけるわけです。先生がそこにプラスされて、こまかい指導をされるというようになっているようです。しかし、小学校で算数、国語、理科、中学校で英語、これを小人数の学習でやろうとすれば、このようになるのであれば大変だという印象をもちました。これは5カ年計画ということですが、いま本当に子どもたちが大変だと、40人学級では一人ひとりにいき届いた教育ができないというようなことも、随分、いろいろな方から言われております。また、特別にケアの必要な子どもというのも、今、教育の現場では増えておりまして、5年間もかかっていたらとても間に合わないのではないかと思います。
 昨年、標準法改正により、小人数学級が教育委員会の判断でできるというようになりました。全国では、都道府県教育委員会の判断で40人にこだわらない学級編制がいろいろな工夫をされています。これは国の予算の枠のなかで考えると窮屈な話になりますが、県が子どもの教育をどのように考えているのかということで、そうした姿勢が問われる問題です。
 新1年生を30人学級でいこうと思いますと100人ほどの先生が必要で、約1億円予算を増やせば新1年生から30人学級が実現できます。この30人学級の必要性について、どのように考えておられるのか、そして全国のやり方をよく検討していただいて、奈良県でも具体的にすすめるべきではないかと思いますが、その点、いかがでしょうか。

藤原昭教育長答弁第7次の国の計画をベースにしながら、本県なりに小人数授業にむけての取組みをしているところです。内容的には、基本的科目について、クラスをその時間、分けながら授業をしてゆくということでございます。結果として、たとえば小学校低学年では、週の3分の2が小人数の授業が展開できるとなっております。学校のなかで工夫をしながら努力をしていただいております。できるだけこの形ですすめていきたいと考えます。
 実は小人数学級という考え方もあるんですが、実際に小人数でまず授業をすること、この事の意味は私どもも、小人数授業で個々の子どもたちにより細やかにたずさわるという意味をもっていると思います。もう1つはクラスが、小学校の段階で1人の担任がずーと授業をすることがなくなるわけです。いろいろな子どもたちがクラスを離れて接触をし、先生方も違う先生が見るというような、一時、「学級王国」などというような言葉も言われましたが、そうした状況からしますと、もう1つの効果として子どもたちが行き交う、先生が複数で子どもたちを見るという、そうした体制が小人数授業の意義ではないかなと思い、このなかで見ていきたいと思いっております。いずれにしても、基礎基本をキチッと定着させて、さらに力をつけるという意味もこめて、クラスをわけながら課題や周熟度あるいは興味関心にあわせて授業を分割してゆく、この考え方をすすめているところでございますので、その成果も見極めたいと思っております。

今井光子議員質問小人数学習は県としても必要性をわかっているわけですが、小人数学級というところには必要性をあまり認識されていないのかなと、答弁を聞いて思いましたが、その点で、小人数学級が必要だと思っておられるのか、もう一度うかがいます。

藤原昭教育長答弁私どもも、小人数で学習ができるということは、これから進める方向だと考えております。
 その小人数学習のやり方として、学級として固定化してやるのか、学級を流動化させて教師もいろいろな教師が子どもたちに接する、子どもたちは違うクラスの子どもたちとも接するということも含めながらすすめる、そうした小人数授業、学習のやりかたも、意味をもっていると考えております。県としては小人数授業という形態をとっているということです。この形態の成果をしっかりとみていきたいと思っております。
 県としても、学習の形態と方法を工夫してもらいたいと現場には指導しております。そのこと自体がわかる授業ができるし、意思疎通ができると思っております。一番のベースは子どもが学ぶ意欲をもつということです。それを培う、そうした状況をつくりだすということは大変重要なことです。興味関心に答えながら自ら学ぶ力をつけてゆくという意味でも、そうした子どもの能動的対応は授業のなかに生かしていかないといけないと考えます。

今井光子議員質問要はお金の問題なのかなと思います。現実に、小学1年生などでは座らせて授業する事さえ大変というような実態のなかで、間尺にあっていないような感じをもつわけです。やはり、小学校1年生から奈良県は30人学級にするということであるなら、今回130人ほど先生がへるということですので、そこの部分を減らさないなら十分いけると思います。県もお金が大変ななかでやりくりをしているわけですが、教育はやはりけちってはいけないと、お金をかけないといけないと思います。アフガニスタンの議長が言われておりましたが、いま本当に大変なときだが教育にお金をかけないといけない、10年たったらお返しができるような国にならないといけないと語っていましたが、本当に人づくりが大事だと思いました。1億円、この部分に増やして、できないのかと思います。

藤原昭教育長答弁資金的な問題ではなく、固定的な学級をとるのか、子どもたちも先生も複数で見れるような、そうしたやり方を選ぶのかという、そういうやり方を選ぶということをベースに考えております。授業のやり方の違いはいろいろありますので、今私たちは、こういうやり方を選択しているということです。

今井光子議員質問世界の大きな流れは20人学級とか、それがいいという流れになっています。今、学校が小人数学習ということをやろうとしておりますが、今、奈良県の子どもたちに何が一番大切かを考えて小人数学級を私は、実現していただきたいということを要望します。

予算決算目次へ この文書目次へ    

2.わかりやすい授業、楽しい学校づくりには子どもたちといっしょに

今井光子議員質問わかりやすい授業、楽しい学校についての問題ですが、今年1月発表された文部科学省の調査によると、「勉強がわからなくていやだということがあるか」という質問に、「よくある」とか「ときどきある」とか答えた子どもさんは小学3年生で69%、5年生では77%、中学2年で83%、高校2年で88%となっています。学校の中心は授業ですから、これでは学校にいきたくないと思うのは当たり前だなと思います。
 埼玉県の県立高校の実践例を読ませていただきましたが、先生と生徒が授業をよくする事にとりくむということで、お互いに意見をだしあって運動をしているそうです。生徒の中から生徒の声を聞いて、改善した授業もあるけれども、逆に生徒はいねむりをしたり携帯電話をいじっていてはよくないのではないかと、自分たちの態度もあらためて、先生に要望していこうという気運が学校全体に高まり、新教育課程の問題でも、生徒会で何分授業が良いのか、2学期制がいいのか3学期制がいいのかとかそうしたアンケートをとり、いっしょに考えてゆく。そうしたなかで楽しい学校運営がすすんでゆくという実践を読んだわけです。ある小学校では、休み時間を活用して、今平均的には10分、15分という休み時間になって居ると思いますが、最初の休み時間は短くして、お昼の休み時間にたっぷり時間をとるというように変えたそうです。そうすると、けがが少なくなって、短い休み時間ならちょっとの間に運動場に行こうと思いますので、大急ぎで廊下を走って、外に飛び出して怪我が多かったということですが、たっぷり遊べるということで、非常に子どもも満足をして、意欲的に授業にとりくむようになったというようになったという紹介もありました。
 奈良県では、こうしたわかりやすい授業、楽しい授業をつくるというには、どのようにおこなわれているのか、うかいがいます。やはり、子どもたちといっしょにとりくむべきだと思いますが、その点でのご意見をうかがいます。

藤原昭教育長答弁数年前から「753」といわれ、じっさいには7割は小学校時代にはわかっているけれども、中学校になると5割になる、高等学校になると3割になる、つまり7割がわからなくなるといようなデータもございまして、よく言われました。これは大問題だと思っています。つまり、わからなければ学んだ意味はないわけです。しかも分からなければ学校は楽しくない、それがいろいろな問題に派生してゆくと思っております。わかりやすくて楽しい授業を展開させる原点は、基礎基本を子どもたちがきちっと確保してゆく、こういうことが大事と思っております。わかることによって楽しくもなる。私どもとしては基礎基本のところをできるような体制作りをしっかりやっていきたいと、施策にとりくんでいるということです。各学校での指導については、教育研究所でも楽しい授業の課題をもうけまして、実践例などを集めて、意見交換などの研究や実習もおこなっております。そこでの取組みも意義があると思っております。

今井光子議員質問わたくしが紹介したところの特徴は先生と生徒がいっしょになってすすめているというところです。子どもたちの豊かな発想を組んで、学校づくりというものをすべきということが言いたかったわけですから、取り上げました。

予算決算目次へ この文書目次へ    

3.各学校図書室の役割、司書配置の役割を認識して、専任職員の配置を国に要望し、すべての学校配置を

今井光子議員質問今、学校教育をかえるということのカギは学校図書館にあると言われている方がおられます。1997年に学校図書館法が改正されて、これまで司書教諭の配置は当分のあいだいなくてもよいと定められておりましたのが、平成15年の4月からは11学級以上の学校にはすべておかなくてはならないと定められました。学校図書館法は1953年の戦後間もない時につくられたわけですが、その背景には戦前の画一的な軍国主義教育の反省にたちまして、教師が教科書をただひとつの教材にして一方的に教え込むというのではなしに、子どもがいろいろな資料をつかって自由に学ぶ教育にしてゆこうという願いがこめられています。しかし、実際にはそういう司書は配置されずに図書係にあたって先生が図書委員の子どもたちといっしょに本の整理をしたり、貸し出しをしている。図書館というのは静かに本を読むところだというようになっているのが、実態だと思います。
 テレビで、学校に専任の司書をおいた学校が紹介をされていました。そこでは、図書館にいけばいつでもおもしろい本が紹介されているということで、本がきらいだった子どもが本が好きになる、それから休み時間に行けば、読み聞かせなどをしてくれて学校がたのしくなる。授業自体がグループごとに課題を決めて調べたり、先生の教材も司書の方にこうした授業をしたいと言いますと、それに関するいろいろな教材を司書が選んでくれますので、授業がたのしくなるというようなことが紹介されておりました。奈良県における司書教諭の配置実態はどのようになっているのか、伺います。そして、やはり専門の司書を配置すべきだと思いますが、その点をうかがいます。学校教員の定数の中に、学校司書を含めるように国に要望すべきだと思いますが、その点のご意見をうかがいます。

矢和田忠一教育次長答弁学校図書館法の改正により平成15年の4月から12学級以上の小中、高等学校におきまして学校図書館の司書教諭を1名以上おかなければならないということになりました。そのため平成10年より、現職教員を対象に学校図書館司書教諭講習を開催して、司書教諭の有資格者の養成をおこなっております。12学級以上の学校への司書教諭の配置をの準備をすすめているところです。昨年10月に調べましたところ、12学級以上の小中学校におきましては30%に司書、司書教諭を配置しております。今後、養成と配置をすすめていきます。高等学校においては標準法のもとに12学級以上の学校には司書を配置しており、現在36校すべて配置をしております。

今井光子議員質問高校では専門の司書を配置するということですが、小中学校では今、司書教諭が昨年の10月で30%ということです。いったいどのようにすすめようとしているのか、見通しをうかがいます。それから、国に働きかけてほしいという点の回答もお願いします。

矢和田忠一教育次長答弁県としては全国に先駆けて、司書教諭の養成講習を平成10年度から努めているところです。昨年10月で、686名の有資格者をもっております。発令は30%ですが、15年度には、発令、異動等をつうじて100%になように努力したいと思っております。小中学校には司書教諭で配置で対応していきたいと考えております。

今井光子議員質問司書教諭でいくというところ、ここも安上がりから来ているのかと思います。司書教諭の資格をとるということでまかなうということですが、実際には、先生が自分の仕事が大変ななかで片手間でやらなくてはいけない状況があり、図書係にあたった先生が少し、生徒といっしょにやるという程度の学校図書館の運営程度しかできないのではないのかと思います。その意味では、国に図書館司書を定員のなかにちゃんと入れていただいて、すべての学校図書館に専門の先生を配置していただきたいということを要望したいと思います。

矢和田忠一教育次長答弁読書活動や読書の重要性については十分認識をいたしております。小中学校では司書教諭の配置ということで対応してゆけばどうかと思っております。

予算決算目次へ この文書目次へ    

4.陸上競技場の使用料をもっと利用しやすいものに

今井光子議員質問橿原公苑の陸上競技場の使用料ですが、全日1万1200円から2万5600円と1万4400円の値上げになっています。また、照明設備ですが30分で2万2600円ということの新設があがっています。予算委員会総務部審査で私は、30分で2万2600円の照明をいったいだれが使うのかと聞きましたところ、8基ありますので、全部使わなくてもよいと聞きました。その後、担当に聞きましたところ、8基全部をつけますと、夜間の試合をハイビジョンで放送できるくらいの明るさがあるということです。ハイビジョンで放映するような試合をしようと思いますと、国際試合とかかなりの大きな試合が想定されますが、それであれば橿原公苑のスタジアムでは何万人も入るようなところでもございません。やはり、30分、2万2600円を払ってだれが使うのかなという疑問が残るわけですが、この競技場はどのような使用実態になっているのか、また、予算では、これを見込んでおられるのか。またワールドカップのキャンプ地として利用する場合の使用料はどこが負担をするのか、この点をうかがいます。

小林隆保健体育課長答弁今回の改修工事で施設の大幅な改修を図りました。芝面、夜間照明を改修しました。これから、アマチュア以外のチームの試合等の使用も見込まれるために、利用形態の細分化をおこないました。料金の決定にあたっては、施設償却費、修繕費、管理費等により算定して、入場料を徴収しないアマチュアの場合の使用料をできるだけおさえるよう配慮したところです。特に、近隣の付近の陸上競技場の使用料とくらべて適当な額ではないかと思っております。大阪、神戸等はかなり高いわけですが、奈良市鴻池陸上競技場でも3万3600円と、それにくらべて2万2600円という料金です。利用実績は、11年度実績は専用使用が153件、そのうち個人使用241件、計341件の使用がありました。特に橿原公苑の使用については学校体育団体、スポーツ団体につきましては減免使用ができます。153件のうち150件が減免使用をしています。照明についてですが、橿原陸上競技場は第1種公認陸上競技場であり、公認は1500ルクスの基準があります。ただ、ハイビジョンができるような明るさではありますが、練習であれば3分の1、あるいは5分の1の明るさで十分だといわれております。公式の試合でも3分の2の明るさで十分いけるものと思います。15年度、夜間利用はスポーツフェスチィバル21を開催するための1つの利用があがっております。大幅な改修により多目的使用もできるようになっておりますので、ラグビー、サッカー等あるいは軽スポーツ、夜間でもできるようなことを考えております。
 ワールドカップの使用料については、キャンプ地推進委員会が申請をおこないようになっております。使用料は橿原公苑取り扱い要綱に基づき、免除されることになっております。トレーニング施設もチームに無償であることが公認キャンプ地の条件とあるということで、事前に日本組織委員会から示された条件を踏まえたうえで、本県もキャンプ地となることの意義は大きいということで、公認キャンプ地に応募したというところです。

今井光子議員質問結局は国で、公認の場合は1500ルクスという基準が必要だということで、こうした施設が必要だということになったと理解をしています。それにしても高いという思いは変わりません。
 国でもスポーツ基本計画で国民の半分がスポーツに親しむようにということも言われているなかで、やはりスポーツ施設の充実は、県民の望むことだと思います。せっかくいい施設でも値段が高いと使えないということもありますので、やはり良いものをつくって使いやすい値段にするというのが、基本ではないかと思いますので、意見を申し上げておきます。

予算決算目次へ この文書目次へ    

5.おおやまと古墳群を縦断する天理循環道路建設計画で、研究者の要望がだされています。県は保存をどのように対応しているのか

今井光子議員質問おおやまと古墳群の保存と天理環状線の建設の問題、これは3月12日に、日本考古学協会から文化庁と奈良県知事、県教育長、天理市長などに要望書がだされています。これによりますと、奈良盆地の東南部におおやまと古墳群がございますが、これは大小40数基の古墳からなる古墳時代の前期を中心とした大古墳群で、日本列島における古代王権や国家の成立の展開の歴史の解明のためにも非常に重要な古墳群のひとつです。この古墳群が県道天理環状線、今、幅12メートルの道路建設がすすめられております。計画路線は前方後円墳で推定全長12.5メートルの稗塚古墳、同じく全長63メートルの野麦古墳を通過して同じく、全長74メートルの真墓古墳にきわめて接近するということで、関係者の方々が破壊されるのではないかと非常に心配をしております。この点で、文化財の保全について県はどのように考えているのか、伺います。

石本孝男文化財保存課長答弁当古墳群は天理市から桜井市にかけて古墳時代前期、3世紀から4世紀にかけての古墳50基等が確認されており、天理市教育委員会、桜井市教育委員会等により黒塚古墳、中山古墳、下池山古墳などを県単独により学術調査を実施してきたところです。天理環状線は昭和29年度に都市計画決定をされ、当初、西側の野麦古墳を横断する形でしたが、平成4年に野麦古墳と稗塚古墳の間を通過するルートに変更されております。現在、計画区間1.5キロのうち1キロは共用開始されております。残り、南側500メートルは事業計画があり、文化財保存課と県教育委員会としては、当然、重要な遺跡であるとの認識で、事前発掘調査をおこない、調査結果をうけて保存方法をふくめて、道路建設部局ともよく協議して、今後の保存対策を講じていくように考えております。

今井光子議員質問要望書をだしておりますのは日本考古学協会ですが、その外15の学会が5月15日にこの問題で学習シンポジウムを開くということで全国的にも非常に関心が高い問題になっております。ぜひ、保存のために力をつくしていただきたいと要望しておきます。

予算決算目次へ この文書目次へ    

6.県警不祥事の監督責任を問われた元警視が、公安委員が役員をする民間金融機関に再就職。説明を

今井光子議員質問昨年、県警不祥事がおきました。聞くところによりますと、佐川事件で電話料金の肩代わりで便宜をはかってもらっていた元警視、このかたは懲戒処分になっておりますけれども、その上司で元刑事部長をされておりました方が、民間の金融機関に再就職をされたと聞いております。もしこれが事実であれば、金融機関の代表者は、当時県の公安委員をされていましたので、どのような経緯で再就職となったのか理解ができません。事実かどうか伺います。

武田博史警務部長答弁前刑事部長は昨年8月付で奈良県警察を退職いたしましたが、現在、金融機関に再就職されていると承知しております。経緯につきましては、ご本人が警察を退職後に、個人的な関係で再就職をされたものでございます。

今井光子議員質問これだけ不況で仕事がないといっている時代に、考えると変だなというのが、思いです。やはり、公安委員が関係している企業に、不祥事をおこした警視の元上司が就職をしたというようになりますと、警察幹部は、どんなことがあっても就職先は困らないようになっているのかなと思うわけです。これは、そうした印象を持つということだけ、言っておきます。

予算決算目次へ この文書目次へ    

7.県公安委員会のホームページ。議事録の記載がありません。充実をすべきです

今井光子議員質問県警のホームページですが、公安委員会のページでは、議題については掲載されていますが、議事録は掲載されていません。国家公安委員会のホームページでは議事録も掲載されています。奈良県でも公安委員会の議事録も掲載すべきと思いますが、その予定があるのかどうか、伺います。
 また、県公安委員会の2月の議題のところに、元農協支店長の逮捕による多額詐欺事件の検挙についてというのがあります。公安委員には県農協の役員の方があられますが、監査などでは関係する事案の監査からは外れる(排斥)ことになっておりますが、公安委員会の場合は、この点どのようになっているのか、うかがいます。

武田博史警務部長答弁公安委員会の活動を広く県民の皆様に知っていただくため、昨年7月から公安委員会のホームページを開設いたしております。本年1月に容量が拡大されましたことから、現在、情報の充実をすすめており、あわせて公安委員会のホームページについても掲載内容の検討をおこなうことといたしております。
 県警察法38条に基づき、県警察を管理するために設置された合議性の機関でありますことから、監査委員のような除籍規定はないものと理解しております。ご指摘の検挙についても、県警察は公安委員会にいろいろな事件の検挙について報告しており、警察活動の結果として警察活動の報告をしたものです。捜査に影響をおよぼすものでもなく、問題はないと考えています。

今井光子議員質問ホームページはぜひ、充実をしてください。

予算決算目次へ この文書目次へ    

8.新採用の警察官の配置は県民が望む第1線に

今井光子議員質問県警察官の採用についてですが、40人が新たに採用されるということですが、これはいつから仕事をしていただけるのか。県民のなかからは交番に人がいないとか、第1線のところを増やして欲しいという要望が強いわけですが、配置先の予定などはどのように考えておられるのか、うかがいます。

武田博史警務部長答弁本年10月1日を予定しております。配置策は増員の趣旨にのっとり、交番機能の強化や事件事故捜査の推進等をはかるために各分野に配置する予定でございます。

予算決算目次へ この文書目次へ    

© 2002-2006日本共産党奈良県会議員団 奈良県奈良市登大路町30 TEL0742-27-5291 FAX0742-27-1492