日本共産党奈良県議団
このページは旧ホームページです。 最新の情報は新しい日本共産党奈良県議会議員団ホームページをご覧ください。
予算決算
予算決算2003年予算審査特別委員会(商工労働部・農林部)-1/2P
1.貸渋り、貸しはがし、不良債権早期処理で中小業者は深刻な事態。県独自に借り換え制度を
2.闇金被害の多発。実態把握と、闇金110番など相談窓口の設置を
3.労働条件や賃金で悩み抱えるパート労働者の相談窓口を県に。権利等を記載する「パート労働ノート」の配布を
4.高校生など若年者が対象の就職機会拡大と、県独自の職員採用をおこない、支援すべきです
5.農林予算は公共事業など増加。一方、農畜産物価格安定予算はわずか1700万円。林業振興施策では、国メニューの枠内に限らない県独自の施策が求められています

田中美智子県議
2003年3月11日

1.貸渋り、貸しはがし、不良債権早期処理で中小業者は深刻な事態。県独自に借り換え制度を

田中美智子議員質問政府の不良債権早期処理の加速ということで、今、中小企業の皆さんは本当に深刻な状況であります。あちこちで企業がつぶされている状況です。貸渋りや貸しはがし、これも大変深刻な状況でございますので、借り換え制度をぜひつくってほしいということで、強い願いがあがっていました。12月の決算委員会でも、わたくしは、借り代え制度をつくって、今まで借りていたものを一本化して、返すのも期間を長くして、返しやすくする、借りやすくするという独自の制度をつくっていただけないかという話をさせていただきました。今度、国が借り換え制度をつくったわけですが、ていねいに各企業のみなさんに対応しようとおもえば、それも活用することが必要ですけれども、県独自の借り換え制度も、やはり求められているのではないかと思いますが、今、県では、どのように対応していらっしゃるでしょうか。

池田好紀商工労働部長答弁国では、平成14年度の補正予算で、今年の2月10日から、資金繰りの円滑化のための借り換え保証制度を実施いたしました。県の保証協会を通じて実施されているところです。県の制度融資は、原則的に借り換え制度は考えておりません。私も、そこまでリスクを負って、県がやれるかどうかという問題もあろうかと思いますので、今のところ、そういう考えはもっておりません。内容には、企業毎に具体の内容がございます。運用の上でどのような内容があるかというのは、保証協会や銀行と相談をされて、中味をチェックして、結果的に借り換えという形になっている場合もあります。そういう関係を利用いただければ、ありがたいと思っております。

田中美智子議員質問県の独自の制度は考えていないというとこですが、国の制度もできたところですので、実際に各業者にとって活用できるのかどうか、わからないところですのでね。もし不都合などがおきてきたら、ぜひ、とりくんでいただきたいと申し上げておきます。
 池田好紀商工労働部長答弁  借換債についえは、保証協会、金融機関をつうじて説明会を何度もおこなっているところであります。この制度にのっていただくのは、ありがたいとおもっております。県の借換債については、同じ回答ですが、考えておりません。それは、現に保証協会において、借り換えについて弾力的にできないかということを検討して、年度末の緊急に足りない部分をどうするかということなどを頭においての補正、追加をしたわけですから、その津度、津度の中小企業への対応は必要だと考えております。

ホームへ 予算決算目次へ この文書目次へ    

2.闇金被害の多発。実態把握と、闇金110番など相談窓口の設置を

田中美智子議員質問今、サラ金(闇金)被害が大変深刻です。それにたいして、県では、悪質な闇金融の被害が多発している状況を、どのように実態としてつかんでおられるでしょうか。県の対策は、どのようにしておられますか。
 わたくしは、闇金融110番を設置したり、闇金融被害者救済のための対策会議を設置して、いろいろな機関と共同して対策を強めないといけないのではないかと思うのですが、現在、県がとりくんでいることと併せて、お聞きします。
 中小企業からの金融機関とのトラブルについての相談に、どのように応じておられるのでしょう。その辺もお聞きします。

池田好紀商工労働部長答弁多重債務者の方が法的支援を受けようとする場合、県では、奈良弁護士会を通じて、そういう相談(無料相談)を毎月1回実施していただいております。国においても、知事登録をした貸金業者につきましては、その都度、苦情があるときには、その業者を指導しているところです。サラ金に関しての、行政関係の会議ですが、現に、貸金業連絡協議会というものを設けており、貸金業の協会等も入り、定期的に会議を実施している状況でございます。
 貸渋りの関係は、県保証協会または金融機関、どうも金融機関では話がいかないという場合には商工会や中央会を通じて、ご相談にのる場所を設定して、県内の金融機関にたいする話ができるような形で対応をしているところであります。そのために、地域融資動向に関する情報連絡会を年3回程度開いております。これは、金融機関の方からお話しを聞く、どのような状況かということもありますし、私(県)の方から、貸渋りについても協力をお願いするなどの状況であります。

田中美智子議員質問闇金融の問題ですが、お聞きしますと、従来の体制のままなのではないかと思います。闇金融の被害は深刻に広がっていますが、つかんでおられるのでしょうか。
 わたくし、消費者センターにお聞きしましたろこと、3年前に比べて、相談件数は全体の相談の2.2%(2000年度)だったものが、6%(2002年度)になっている、3倍だということです。わたしたちのところにも相談が相次いでいます。ですから、闇金110番というものの設置が必要になっているのではないか、ここにいけば相談にのってくれる、そういう名前を冠して、設置をしていただきたいんです。長野県では、窓口を設置して、警察、弁護士会、司法書士会などと連携して対応しているということです。貸金業への指導や啓発推進、取り締まり体制強化をおこなっているということです。ぜひ、窓口を設置して、取り組みを強めていただきたいと思います。

池田好紀商工労働部長答弁さきほど、サラ金といわれましたので、サラ金のお話しをしました。長野県の話がでましたが、中身は(奈良県などと)同じことをやっておられるのであって、変わりはしないと思っております。いずれにしても、要は借りる人の気持ちが大事であります。そのことをきちっとやる。自分で自分のことを考えるのは当たり前であろうと。それで、奈良の弁護士会を通じて、相談窓口をつくっております。毎月1回、無料相談を実施しており、そういうところを通じて相談していただければ、非常にありがたいと思います。

田中美智子議員質問冷たい答弁でしたね。闇金から借りて苦るしんでいる人に対して、借りる人の気持ちが問題だと。実態をまったくわかっていない。本当に冷たくて、わたくし、驚きました。一生懸命、商売をしてきても、仕事がなくて、闇金とかに手をだすんですよ。それに対して、こういう答弁は、ないと思いますよ。もっと、実態をしっかりつかんでください。

池田好紀商工労働部長答弁サラ金と闇金の場合には、実態が全然ちがいます。そのことは、話をきちっとわけて質問していただくほうがよいと思います。

田中美智子議員質問それでは、闇金対策ということでは、闇金110番をおいていただけますか。

池田好紀商工労働部長答弁闇金の場合は、同じように弁護士会などを通じて、これからして行くことがよいと思います。

ホームへ 予算決算目次へ この文書目次へ   次ページへ

© 2002-2006日本共産党奈良県会議員団 奈良県奈良市登大路町30 TEL0742-27-5291 FAX0742-27-1492