日本共産党奈良県議団
このページは旧ホームページです。 最新の情報は新しい日本共産党奈良県議会議員団ホームページをご覧ください。
政策・主張国道168号大塔村宇井地内の地滑り対策についての申し入れ

国道168号大塔村宇井地内の地滑り対策についての申し入れ

2004年8月13日
日本共産党県委員会
日本共産党奈良県会議員団
県会議員 山村さちほ
県会議員 田中美智子
県会議員 今井光子

8月10日、国道168号の大塔村宇井地区内で、大規模な地滑りが発生しました。直前の崩落の危険予知対策により交通規制がおこなわれたため、人身の被害には至りませんでしたが、道路が寸断され、下の河川に土砂がながれ、川幅が狭まっています。このため、大塔村はじめ十津川村方面の住民の暮らしに影響が及んでいます。

また、再崩落の危険や土石流など二次災害の発生も心配されています。加えて、猿谷ダムが満水場他愛で、さらに大雨が降れば、その放流による影響が心配されています。とりわけ、迂回路に通じる唯一の仮設の橋が低いため、放流によって沈む心配が大きく、現在、復旧作業中の橋の工事も早い完成が望まれています。

県は、国土交通省と協力して、一刻も早い復旧と二次災害の防止、迂回路の整備と安全対策を講じるとともに、大塔村、十津川村など関係自治体と住民の要求を聞き、不安を取り除くために、情報を公開し、万全の対策をとられるよう申し入れます。また、この際、危険箇所の再点検を実施し、予防対策を講じられるよう要望します。

以上


このページの上へ
ホームへ   政策目次へ    

© 2002-2006日本共産党奈良県会議員団 奈良県奈良市登大路町30 TEL0742-27-5291 FAX0742-27-1492