日本共産党奈良県議団
このページは旧ホームページです。 最新の情報は新しい日本共産党奈良県議会議員団ホームページをご覧ください。
議会報告・要約版
議会報告・要約版2002年6月議会厚生委員会
今井光子県議
2002年6月26日

食の安心を

 協和香料が違法を承知で認められない添加物を食品に使っていたという問題で、かつてない回収騒動になっています。
 今井光子議員は奈良県内の食品添加物の製造事業所への監視検査の実施率をただしました。今井議員は保健所での忙しすぎる実態を示しながら、専門職員の人員を確保し、きめ細かな指導、援助もできるようにして、「食の安心」を確保することが重要だと提案しました。
 森田倫史健康局長は添加物製造業者への監視率は8%、食品製造業への監視率は19%であることを明らかにして、国の動向などもみながら努力したいと答えました。今井議員は再度、人員を確保して検査率アップを求めました。
 また同委員会で今井議員は有害図書の指定が毎月実施に改善されたことで質問。青少年問題協議会委員増員や、委員の公募などの導入で県民運動にすることが大切だと強調しました。

このページの上へ
ホームへ 議会報告要約版目次へ    

© 2002-2006日本共産党奈良県会議員団 奈良県奈良市登大路町30 TEL0742-27-5291 FAX0742-27-1492