日本共産党奈良県議団
このページは旧ホームページです。 最新の情報は新しい日本共産党奈良県議会議員団ホームページをご覧ください。
話題
話題世界遺産登録にあたっての声明を発表

2004年07月 日

 7月、「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録されたことをうけて、日本共産党奈良県委員会と日本共産党県議会議員団は、世界遺産登録にあたってと題する声明を発表しました。
  声明は、紀伊山地の霊場と参詣道の世界遺産登録決定を歓迎し、登録実現のために力をつくしてきた関係者、関係機関に祝賀の意志を伝えるものです。そして、登録された遺産の保全のための管理計画、自然と文化的景観保全の中期的目標を明確にして、国や関係機関が誠実に応えていくことを求めています。そして、緩衝地帯の保全を含めて、今回登録されなかった史跡、遺跡などの整備などより広範囲な保全を強く求めています。
  日本共産党奈良県委員会はこれまで、日本の文化の伝統をうけつぎ多面的発展を図るという日本共産党の綱領の立場から、吉野の文化、自然,景観の世界遺産登録をすすめるために国民的、県民的共同を広げようと呼びかけていました。2001年6月には田中美智子議員らが金峰山寺を訪問し、官長と懇談。今回の登録にあたっての声明は地元市町村長、観光協会、関係社寺などに送付しました。

声明の全文へ>>

このページの上へ
ホームへ 話題目次へ    
© 2002-2006日本共産党奈良県会議員団 奈良県奈良市登大路町30 TEL0742-27-5291 FAX0742-27-1492