日本共産党奈良県議団
このページは旧ホームページです。 最新の情報は新しい日本共産党奈良県議会議員団ホームページをご覧ください。
話題
話題大塔村地滑りで国道168号が崩落 日本共産党県議団が現地視察

2004年08月25日

現地視察、聞き取りして県に要望

視察の写真:クリックで大きく表示します8月10日に吉野郡大塔村で大規模な地滑りの崩落が発生し、国道168号線が120メートルにわたって寸断されました。地滑りは、台風10号や11号によって記録的な雨が降っていたことで発生。事前に兆候を発見して、通行止めの措置をとっていたことから、被害は最小限に抑えられました。高さ120メートル、幅120メートル、総量は20万立方メートルという大規模な地滑りであるため、国道120メートルが崩落し、一時、十津川村や大塔村の電話が通話できなくなり、下の河川が3分の1ほど埋まりました。

13日には、日本共産党県会議員団の田中美智子議員、今井光子議員が現地に。大塔村村長とあって要望を聞き、付近の住民にも聞き取りをおこないました。

夕方には、県庁にもどり、山村さちほ議員もいっしょに、県知事に、速やかな復旧計画や、県内危険箇所の再点検など当面する対策について要望しました。

申入れ文書へ>>

このページの上へ
ホームへ 話題目次へ    
© 2002-2006日本共産党奈良県会議員団 奈良県奈良市登大路町30 TEL0742-27-5291 FAX0742-27-1492