日本共産党奈良県議団
このページは旧ホームページです。 最新の情報は新しい日本共産党奈良県議会議員団ホームページをご覧ください。
話題
話題「子どもを犯罪の被害から守る条例」など論議予定

2005年5月23日

奈良県議会6月議会は6月20日から
「子どもを犯罪の被害から守る条例」など論議予定

 奈良県議会6月定例会は6月20日に開会されます。
  注目される今議会の提出議案には、奈良市で起こった女子児童誘拐殺人死体遺棄事件から検討したという「子どもを犯罪の被害から守る条例」があります。県警は、子どもの犯罪被害を未然に防止するため、県や県民、事業者の責務を明らかにするのとしていますが、保護者等が近くにいない子ども(13歳未満)に近づき、声をかけたりしたことが、「惑わし」たり「言いがかり」をつけていると判断されると、違反行為として罰せられる、また子どもポルノを持っているだけで罰せれらるなどの内容で、今、各地で地域のおとなたちがおこなおうとしている子どもたちへの声かけ運動を抑止する重大な問題を含んでいる条例案です。また、議会役員改選がおこなわれます。

 日程は、定例会は6月20日開会、23日代表質問、24日・27日一般質問、28日常任委員会開催、30日閉会。日本共産党議員の一般質問には田中美智子議員を予定をしています。本会議開会より前に各特別委員会が事前委員会としておこなわれます。6月15日に少子高齢化対策特別委員会、環境廃棄物対策特別委員会、16日に国際文化観光学研都市対策特別委員会、過疎地水資源対策特別委員会、17日に幹線交通対策特別委員会がそれぞれ開催されます。

このページの上へ
ホームへ 話題目次へ    
© 2002-2006日本共産党奈良県会議員団 奈良県奈良市登大路町30 TEL0742-27-5291 FAX0742-27-1492